出会い系サイトの「掲示板」って何?どうゆう意味?

出会い系サイトの「掲示板」って何?どうゆう意味?

【優良出会い系サイト利用のキモとしての「出会い掲示板」を理解すれば出会いサイトはカンタン】

まず一般的な意味としての「掲示板」とは、イメージとしてわかりやすいのが街の情報掲示板です。
ネットでも耳にしたことありませんでしょうか、「板」って?。リアルな世の中ではほんとうの意味で「板」なんです。木の板を立てて掲げて(掲示して)、街に住んでいるみんなに情報を伝える。って役目です。
田舎だといまでも電車の駅の構内とかの待合室に掲示板があります(黒板が多い)し、街の掲示板(地面に足がついた平べったい板)があります。

都会のど真ん中に住んでいても少しは残っていまして地域の祭の案内とかサークルの募集とか掲載されたりしています。いろいろな公園やホールでのイベントの案内の板(本物の板で作られた)がありますよね。。あれです。
で、ネットも基本的にリアルの映しなので、いまでは「掲示板」と言うと普通にインターネット上でメッセージを投稿したり閲覧できるシステムのことを指します。
ネットにおける「掲示板」の意味もそもそも「電子掲示板」の意味でした。
英語でBBS。BBSは「Bulletin Board System」の略で、electronic bulletin board→electronicは電子とか電気、bulletinは公報とか報告・掲示といった意味、そしてboardは板。

インターネット内のサイトやアプリ上では、物理的に存在する普通の木とかの板(紙とか)に掲示されるのではなく、画面の上(通常スマホの画面上とかモニターの画面上)、要するに電子画面の上で掲示される。
最近では、電子掲示板といった言い方はもはや、死語になってしまいました。「電子」っていろんな言語についたけど、電子がほとんど当たり前になってきちゃって、もはや、電子の意味が薄れて使わなくなってしまった。
そして、「掲示板」という言葉がインターネット内でも普通に使われるようになり、現実のリアルでは「板」掲示板がますます少なくなってきているので、「掲示板」というと街の掲示板ではなくネットでの書き込みされている「掲示板」の意味合いが強くなってきた。
というわけです。

「掲示板」はよく、単に「板」とも言いますね。「掲示板」と近い言葉に「スレ」っていうのがあります。「スレッド」の略ですが、板である掲示板の中の「カテゴリ」の意味合いがあります。
たとえば2ちゃんねるや5ちゃんねる等では「スレを立てる」って出てきますけど、「カテゴリ」あるいは「タイトル」って意味ですね。要するに、板である掲示板の枠内で、目的別にわけますね、、ってことです。
ネット内では物理学的制約がないので、いくらでも大きくできます。リアルな世の中で家よりでかい「掲示板」はありません。上の方とか何かいているか見えませんしね。。。
でもネットはいくらでも情報が書けます。で掲示板がでかいと自分の興味の分野がどこに在るかひと目ではわかりませんよね。で、目的別に分かれているとサクッと見に行けます。
これが、「スレッド」「スレ」です。

優良出会いサイトや人気出会い系サイトに登録すれば、サイト内の掲示板に書き込みをすることで情報交換し、即出会いに結びつく傾向が強い。高機能で会員がたくさん登録する人気出会いサイトやアプリでは、出会う目的に分かれていますからね。
ちゃんとした出会える優良な出会い系サイトや出会いアプリ内での掲示板もカテゴリ(要するにスレッドです)に分かれているんです。

【優良出会いサイト、出会いアプリ内での「掲示板」(分け方)の構造を理解し自分の希望の場所へ】

掲示板が分かれていると使いやすい第一は、「地域」。
出会い系の場合、結局リアルな出会いですから、沖縄の人が札幌の人と30分後に出会いましょうはいきません。やはり、近所の人と、、、となります。都道府県別に分けるとやはり便利ですよね。
そんな訳で、出会い系サイトや出会いアプリ内での掲示板は、まずは、地域別に分かれています。
ちなみに、東京在住の人が札幌出張時に札幌の人と会いたいから、って時にも札幌の人が集まっている掲示板で相手を募集すれば良いっていう使い方もできるんですよ。仕事と遊びを両立させるのが楽しく生きるコツです。。。

地域別に分かれていると使いやすいですし、もう一つ第二は、
「恋人探しで登録しています、、、」とか、「一夜の大人の割り切り希望です、、、」とか、出会う希望がありますよねえ。。
地域別に目的別にカテゴリが分かれている出会いサイト内掲示板に「彼氏を見つけたいと思いまして・・・」「土日におしゃべりできる人募集」「メル友 募集」「食事いきませんか?」「いますぐ会える人」などといった書き込みをすることで目的が同じ(出会い系サイトだと近くにいるとか」会員からの「メッセージ」を募ったり、
他の会員と情報交換をすることが出来ます。

つまり、人がたくさん登録している優良出会いサイトやアプリでは「掲示板」を理解しておきますと、登録後サクッと利用することができるって事です。
わかりましたか。

プロフィールやコメント・感想などをインターネット上で自由に公開できるサービスを意味しています。
たくさん存在している出会い系サイトでも出会える優良サイトはごくごく一部です。ほとんどの出会い系サイトでは掲示板が分かれるほど会員がいませんし、出会えもしないサイトが多いですので。

ちなみに10年前ぐらいまでは掲示板型の出会い系サイトが乱立している状態でしたが、いまでは、優良出会い系サイトや人気出会いアプリにはすげて目的別に分かれた掲示板があり、投稿、書き込みが常時出来るようになっています。
最初のきっかけの投稿を掲示板にして、メッセージのやり取りして、その後は、直アド交換(LINE交換)等を行い個別にやりとりするのが一般的です。掲示板投稿の人気の秘密は、他の会員と情報交換が出来ること、また、サイトにログインしていることがほとんどなので、リアルタイムで話ができること。
話が早い!のが人気の秘密。誰にもわかりやすいシステムですしね。。。

目的に合わせて分かれている掲示板を使いこなすことで出会いもスムーズにできます。いまも昔も出会いサイトは結局、「掲示板」がもりあがっているかどうかなんですよね・・。ともかくお試しでも登録して、速攻で掲示板を閲覧するのが、ポイントです。そしてメッセージする。コレだけです。

優良出会い系サイトや出会いアプリは、登録している会員数が半端なく多いので、掲示板への書き込みがものすごく盛り上がってますよ。

さあ、掲示板がうまく分かれていて使いやすく、会員登録者数も半端なく多い優良出会いサイトアプリでさっそく新しい出会いを探してみませんか。

優良出会い系アプリサイト人気ランキングへ